冷しゃぶ



冷しゃぶのダイエット効果


1.なんといっても低カロリー
2.大根おろしの追加効果
3.野菜の効果
4.つけだれ


冷しゃぶ


1.なんといっても低カロリー
 夏になると冷しゃぶを作る機会も増えてくると思います。ダイエットに冷しゃぶは強い味方になってくれると思います。牛肉でも豚肉でもお湯で火を通して冷水や氷水で冷やす間に肉の脂が落ちとてもヘルシーになります。また、肉には糖質はなく野菜も選べば糖質を抑えられるのでダイエットにとても向いているおかずといえます。豚肉には疲労を回復する効果もあるので、夏に夏バテしている時には最適です。野菜をごはん代わりに肉をおかずとして食べることでごはん抜きもできると思います。


2.大根おろしの追加効果
 大根おろしは豚肉の臭みを消し、食中毒の予防、免疫力のUPにもなります。また、大根に含まれている消化酵素が炭水化物の消費を高めてくれるのでご飯を少量でもあれば摂取しても多少は許されるのではないかと思います。ゆっくり無理せずダイエットをしていく上でこういった息抜きも大事になりますので貴重なおかずとなります。また大根おろしには代謝アップの効果もあります。なので脂肪がつきにくい体を作ることができます。食事の前に擦った大根おろしの余分な水分を飲むことで全体の食事量を抑えることができ、より効果的になります。


3.野菜の効果
 野菜から食べることで血糖値の上昇がゆるやかになって太りにくくなるのは皆さんご存知だと思います。野菜の中でも効果的なものはキャベツがあります。食べごたえがあり食物繊維も豊富なために脂肪の吸収率を抑える効果があります。また、キノコ類もダイエットにはとても効果があります。食感もよく、カロリーがとても低い食材ですので冷しゃぶをする際には入れておきたい食材でもあります。また、脂肪の燃焼を促進させるビタミンBを含むので痩せやすくなる食材といえます。


4.つけだれ
 つけだれはポン酢やゴマダレ、ドレッシングなど多彩に選ぶことができますが、ダイエット中ではなるべくドレッシングならノンオイルのものを選ぶといいです。ポン酢についてはカロリーがとても低いのでお勧めなのですが、酸味が食欲をそそってくるので食べすぎを警戒する必要があります。ゴマダレはカロリーが高いものにはなりますが食べごたえを感じるものになりますので少量でも満足感を得られると思います。個人的にはポン酢とゴマダレを混ぜて『ごまポン』にしてニンニクのすりおろしを加えて食べるのがおススメです。ニンニクを入れることで冷しゃぶで体が冷えるのを防ぐ効果があります。


まとめ
 冷しゃぶですが、夏に向けて食べる機会が増えるおかずだとおもいます。大根おろしを加えると疲労回復と消化を助ける効果も期待できます。夏バテで食欲が落ち体力が落ちる真夏にはとてもピッタリなおかずです。ぜひ日々のダイエットの生活に取り入れて引き出しの豊かなダイエット生活にしていけたらと思います。





にほんブログ村

スポンサーサイト

ダイエット中のBBQ




ダイエットでの立ち振る舞い

1.焼き係のポジションを確保する

2.焼く順番は野菜から

3.お酒は蒸留酒にする

4.よく動くようにする


a0800_001032.jpg


1.焼き係のポジションを確保する

 焼き物の順番を手に入れると同時に汗をかくポジションになります。サウナなどで汗をかいても『水分が抜けて体重が落ちるだけでダイエットにはならない』という話もありますが、痩せなくても、痩せやすい体質になると考えることはできると考えます。というのは、発汗することで老廃物が取り除かれて痩せやすい環境を手に入れることができ貯めです。また、焼き物をするポジションを手に入れることで野菜の焼く順番をコントロールでき血糖値の上昇を抑えるように野菜から焼き始めることが可能になります。


 


2.焼く順番は野菜から

 野菜から食べるとまずは食べる総量のなかで野菜の割合が高くなります。バーベキューの食材としての野菜は大きいものが多く、食べごたえのあるものが多いので満足感も得られることがメリットといえます。注意するポイントとしてはタレをつけすぎてしまうとカロリーを結構摂取してしまいます。なのでお勧めとしては塩コショウなどでシンプルに野菜を食べることがお勧めです。


 


3.お酒は蒸留酒にする

 バーベキューにはいつもお酒があると思います。ここでもお酒を選んで飲むことでダイエット中の体に気遣いましょう。飲むべきものは焼酎・ウイスキーです。焼酎とウイスキーには糖質が少ないのです。また、熱中症対策も兼ねてチェイサーを挟むようにしましょう。お酒の飲みすぎにもなりにくく熱中症対策にもなります。


 


4.よく動くようにする

 ダイエット中にバーベキューがあるということは運動する機会を得るというメリットでもあると思います。バーベキュウ中にフリスビーやキャッチボールなどの軽い遊びをすることは多々あると思います。その遊びの輪に積極的に参加をすることで体を動かし、カロリーを消費することができると考えます。飲酒中の運動になるので注意が必要にはなりますが・・・。水分補給と体調に注意して、軽く運動を行うことでいいリフレッシュになると思います。


 


◇まとめ

 せっかくのバーベキューですから楽しむことを最優先に考えてよいと思います。お酒でほろよいになる前までダイエットのことを気にかけて、、もり上がってきたらノリに任せていいと思います。食べ過ぎ飲みすぎてしまったなと思ったらそこでその対策を考えればよいです。ダイエットを継続して楽しむためには我慢しすぎはNGということです。盛り上がる前に野菜を食べ、バーベキュー会場に向かう前には蒸留酒を買い、アクティブな遊びには参加する。このあたりを意識していればバーベキューのダメージをそんなに受けずにダイエット生活を続けられるのではないでしょうか。




にほんブログ村

生姜焼きでダイエット

ダイエット中に豚の生姜焼きを食べることで期待できる効果


a0002_001165.jpg




代謝が上がる

脂肪を燃焼する

糖質をエネルギーへ変えてくれる

食べごたえがある



①代謝が上がる

 生姜には血行が良くなる成分が含まれています。血行が良くなることで体温が上がり基礎代謝が上がるということになります。血行が良くなるのは一般的に摂取してから34時間程度といわれています。生姜焼きの様に生姜は加熱することでより多く摂取できるようになります。


②脂肪を燃焼する

 豚肉の中にはカルニチンという成分が含まれています。この成分がバカにできません。脂肪を燃焼させるために絶対に必要な物質であるからです。ただ悔しいことにこのカルニチンという成分は年齢とともに作られる量が減っていきます。これも年齢を重ねると痩せにくくなる原因の一つであると考えます。そんな時に豚肉を摂取しカルニチンを増やすことで脂肪の燃焼をサポートできるのです。ただ難点としてはカルニチンのみでは効果を発揮しないのです。運動をすることで脂肪を燃焼するため、軽めのストレッチなど少しだけ体を動かして脂肪を燃焼させましょう。カルニチンを摂取していれば体についてしまった脂肪は自然とエネルギーと化しいつの間にか余計な脂肪は無くなります。


 


③糖質をエネルギーへ変えてくれる

 ダイエットをしていく中で一番の敵になるのが、「脂肪」「糖」ではないでしょうか。CMでも流れている通り、おいしいものは脂肪と糖でできています。その片割れ、「糖」を効率的にエネルギーに変えてくれるものが生姜まみれになった豚肉です。豚肉の中にはビタミンB1が含まれていて、こいつが糖質をエネルギーに変換してくれます。ダイエット中でもどうしてもご飯が食べたくなったりと糖質を取ってしまった時には積極的に生姜焼きを食べると良いのではないでしょうか。


④食べごたえがある

 脂肪をそぎ落としたビキシマボディを手に入れるためには継続してダイエットを行っていく必要があると思います。そこで食事の際に毎日制限の多い食事…そんな生活を365日続けていくのは私は無理であると考えます。生姜焼きは男子であればほとんどの人が好きなガッツリメニューです。ダイエットをしていく上でガッツリメニューを食べてもよいということは最大のメリットであると考えます。さらに①~③までの効果も期待できますので継続力ということで豚の生姜焼きの食べごたえはメリットになると考えます。



◇生姜焼きレシピ

1.酒、醤油を器に入る。(酒と醤油の比率は32)


2.生姜をガンガンにすりおろし器に入れる。


3.豚のロース肉を器に入れ漬ける。


4.15分間放置する。


5.フライパンで焼く。(この時付け込んでいるたれをすべて入れる)


6.皿に移して食す。


 ■まとめ

 生姜焼きを食べてダイエットするためには他のダイエットと組み合わせて行うことが理想的です。私が他の記事で書いているキャベツダイエットと組み合わせると食べ合わせもよく、食べごたえもあるので継続したダイエット生活が送れるのではないでしょうか。また、生姜の得意な人は生姜をガンガンに効かすことが豚の生姜焼の効果をアップさせる補法であると考えます。個人的には、チューブタイプより生姜をその場ですりおろして使用する方がより生姜の風味がより楽しめると思います。




にほんブログ村


キャベツダイエット

キャベツのダイエットのメリットについて

キャベツ畑

    最初に食べることで満腹感を得られ、余計なものを食べないようになる

    夕食だけでも効果が見込める

    料理をする手間がほぼない

    運動と組み合わせることで効果が増す

 キャベツ千切り

    最初に食べることで満腹感を得られ、余計なものを食べないようになる

夕食前などの食前に食べることで食事全体の量の大半をキャベツにすることができ

脂肪や糖の太りやすい成分のおかずの摂取量が少なくなり瘦せやすい食事メニューとなる。

 

    夕食だけでも効果が見込める

一番食べてしまう夕食の前にキャベツを食べるだけでも効果が見込めるのがメリットとして挙げられる。朝食・昼食のカロリーと比べ夕食の摂取するカロリーが多い人がほとんどであると考えられます。その夕食のカロリーを抑えるだけでも効果が見込めます。

 

    料理をする手間がほぼない

キャベツを洗って一口サイズにちぎって食べるだけでよいので、包丁でざく切りにするだけでOKです。ドレッシングを使用する場合はできるだけノンオイルのものを使います。また、塩昆布などを用いて味を付ける工夫をする楽しみもあると思います。また千切りにしても良かったり、ある程度マヨネーズなどのカロリーを持つものを使用しても継続しやすいのであれば使用しても効果は十分に期待できるものになります。

 

    運動と組み合わせることで効果が増す

運動をして疲れた状態で食事をすべて用意せずにキャベツだけを用意します。

運動をすると食欲を抑えられる上、キャベツを食べることで満足感を得られれば

食事をする気力がなくなる上、満腹感も多少はあるため食事の量を減らす、もしくは食事をキャベツのみで抑えられることもあるかと考えます。

 

まとめ

 キャベツをうまく使うことで食事全体のカロリーを減らすことができると考えられます。

 また、継続して行うこともそんなに難しくないと思います。キャベツはスーパーにていつでも売っていますし。飽きがくれば焼いたり煮たりし、味を変えるための調味料も継続を前提とするならば制限なく使っても効果は充分期待できます。

 継続は力なりです。効果は必ず期待できるものです。



話題沸騰!あのライザップが自宅で!?

にほんブログ村

梅干しダイエット

梅干しダイエット


▽梅干しダイエットの効果


①血糖値の上昇を抑える


②太りにくい体になる


動脈硬化の予防

などなど

梅干し





食事を取ると血糖値が上昇します。

血糖値が一気に上昇すると脂肪細胞が活発となり肥満の原因となります。

食べ物によって血糖値の上昇の速さがちがうため、食事の際にはおかずの選択で

血糖値の上昇をコントロールすることができます。


今回のテーマの梅干しダイエットはは血糖値の上昇を抑える効果があり

太りにくい体になると、体質改善まで見込めます。

また、クエン酸を含んでいますので血液をサラサラにしてくれます。

これで動脈硬化の予防となります。


ダイエットで運動をされる方も多いとおもいます。

その後に梅干しを摂取すると。梅干しのすっぱい成分のクエン酸が

疲労回復の効果を発揮しますから運動を続けやすい体になると考えられます。


▽梅干しダイエットの方法

1日、2,3粒を目安に摂取します。

食事前と就寝前が効果的であると考えられています。

ただ、食べるだけということで他のダイエットとの組み合わせが効果的かと思います。

特に運動系のダイエットとは相性が良いのかと考えられます。


▽裏技

梅干しにはバニリンという成分が含まれます。

これは脂肪を燃焼させる成分です。

過熱をすることでバニリンという成分は過熱をすると増えるので

過熱をしてから梅干しを摂取することでより効果的なダイエット効果を期待できます。

あったかい梅干しっていやですよね。

でもそこは安心してください。

もう一度冷やしてからでも効果は変わらないのです!

なのでレンジでチンしてから冷蔵庫がおススメですね。


▽まとめ

梅干しにはたくさんのいい効果がありダイエットにも効果的な最高の食べ物であるといえます。

効果は一か月で2,3キロと大幅な効果は期待できませんが、

毎日食べるだけで効果を得られるということが最大のメリットです。

塩分に気を付けて他のダイエットと組み合わせることで相乗効果が期待できると思います。




にほんブログ村














Latest